読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人は一年間でどれだけ変われるか

※ここに書かれている内容を真に受けないでください

スタートで躓いた日

起きてから外出まで3時間30分かかりました。あと30分は短縮せねば。

昨日の反省から家以外の勉強場所を二箇所にしました。近所に2つの図書館があるので、それらにしました。場所を変えるのは気分転換できるので、正解だったと思います。

一度帰宅してから、再び外出するのに30分かかりました。どうやら私は家を出るための仕度に、わざと時間をかけているきらいがあります。もっと「何時までに〇〇に行く!」と意識するべきだと感じました。これが一番の課題になりそうです……

 

明日の自分に向けた細かいこと

・リンパマッサージから筋トレにすばやく移る

・やさしい筋肉痛が一日中続いたので、筋トレはほどほどに

・ジャグリングしてから腕立てはキツイ

・筋トレは速くこなせるようになったが、開始するのが遅い

・帰宅してすぐ家事をすると楽ちん

・夕食の食べ過ぎはダメだと食事の前に意識する。

 

総評

まずまずでした。昨日は取り組めなかった経済学・英語の長文などを今日は早い時間に取りかかれました。早起きはできなかったですが、そこで挫けずに昨日と同じように行動できました。帰宅後は珍しくダラダラせず、てきぱきと動けました。

反省点は、C言語・小説執筆が全くできなかったことです。

小説執筆に向けて取り組んだことは、強いて言えば、印象に残ったフレーズを今日はメモしたことぐらいです。そのフレーズは「野蛮な歓び」です。芥川龍之介の『歯車』に出てきたものです。

「〇〇な喜び」で他には何があるでしょうか。「残酷な喜び」はよく見かけますね。『てにをは連想表現辞典』に素敵な表現がいくつかありました。

 

てにをは連想表現辞典

てにをは連想表現辞典

 

「魚が水に遇ったような喜び」「共犯者になったような暗い喜び」「シャボン玉みたいに次の瞬間消し飛んでしまう喜び」など

 

同じようにコロケーションについて考えた記事がこちらです。

part-time-job-no-real-kdk-xyz.hatenablog.com

 

 

読んでくださりありがとうございました。